結婚にまつわる疑問を解決するなら

衣装

和装か洋装、どちらに人気がありますか?

20〜30代の既に挙式をした人の6割が洋装のみで一番多いですが、洋装と和装の両方を着た人が3割強、和装のみが1割弱ということで、和装の人気が高まる傾向にあります。

 

ドレスのデザインはどんなものがありますか?

試着前に様々な種類の中から自分の体型に合うもの、好みのシルエットを考えてみることで、よりスムーズに運命の一着を選ぶことができるでしょう。

 

プリンセスライン・・・上半身はタイトにフィット、ウエストから下はボリューミーなスカートラインなのが特徴です。愛らしい印象で、広い会場やゴージャスな結婚式場にも映えるデザインです。

 

Aライン・・・すっきりコンパクトな上半身に、アルファベットのAの形をイメージした裾に向かってフレアに広がるのが特徴です。どんな会場でもどんな体型の人でも似合う、人気の高いデザインです。

 

マーメイドライン・・・人魚のようにひざ下から裾に向かって広がりのある優美なラインが特徴です。背の高い細身の人向きですが、腰回りがグラマラスな人は逆にすっきり見せる効果もあります。

 

スレンダーライン・・・裾の広がりが少なく、ボディラインを包むように縦ラインを描くスリムなデザインが特徴です。背の高いほっそりした人はより女性らしく、ガッチリ体型の人でもスリムに見せることができます。

 

エンパイアライン・・・胸下からスカート部分がストンと落ちるタイプで、着心地と見た目が軽やかなのが特徴です。ボディラインを隠せるので、マタニティや背が低い人にとってスッキリと足を長く見せられるのが魅力です。

 

ミニ丈ライン・・・スカート丈が短くカジュアル感があり、ストッキングや靴とのコーディネートが楽しめるのが特徴です。お色直しや二次会で着用されることが多く、背の低い小柄な人におすすめです。

 

サムシングブルーって何ですか?

サムシングフォーという、4つの何か(サムシング)を花嫁が結婚式当日に身に着けていくと幸せになれるというおまじないがあり、そのなかのひとつがサムシングブルーです。

 

サムシングオールド (Something Old):何か古いもの
祖先から受け継がれてきた家族の絆、伝統などの象徴。祖母や母から譲り受けたジュエリーなどが一般的。

 

サムシングニュー (Something New):何か新しいもの
未来への希望を象徴するもの。結婚式当日に新調するものならウェディングドレスやシューズなど何でもよい。

 

サムシングボロー(Something borrlwed):何か借りたもの
幸せな結婚生活を送っている人の幸運にあやかるという意味で、すでに結婚して幸せになった友人などからベールやハンカチなどを借りる。

 

サムシングブルー (Something Blue):何か青いもの
青は幸せを呼ぶ色、忠実・信頼を象徴する色と言われ、花嫁の純潔や清らかさを表す色でもあるので、下着など人目につかない場所に身に着ける。

 

成人式で着た振袖を花嫁衣裳として着てもいいですか?

せっかく作った振袖なのに成人式の時にしか着ていないという人は、結婚式が振袖を着る最後のチャンスですので、ぜひお色直しで披露しましょう。ただし、ヘアメイクを華やかにしてもらうなどの工夫は必要です。

 

綿帽子と角隠しについて教えてください。

綿帽子は、和装の結婚式で文金高島田に髪を結ったうえに被せる白いかぶりもののことで、白無垢だけに合わせることができます。高く結い上げた日本髪の周囲を白い絹で覆うようにする角隠しは、白無垢や色打掛、黒振袖などほとんどの和装にあわせることができます。

 

生花のブーケは挙式で使った後どうしていますか?

自分で持ち帰った人、ブーケトスなどで人にあげた人のほか、ドライフラワーや押し花などに加工する人も増えています。

 

お色直しは何回しましたか?

かつては2〜3回行われることも珍しくありませんでしたが、現在ではゲストを待たせる時間をあまり作りたくないという理由などから1回という傾向が高まっています。